脊柱管狭窄症ケアストレッチが生まれた理由

院長 中川忠典です。私の院の理念は、「ご縁があって当院の患者さんになっていただいた方の一生をフォローする治療院になります。」です。簡単に言えば、患者さんがいつまでも健康で長生きしていただくお手伝いをするということです。

 

この健康長寿を全うしていただくこと、いわゆるピンピンコロリになるためには、ロコモティブ症候群を予防することが大切です。予防医療には様々な分野がありますが、このロコモティブ症候群を予防するにはまずは脊柱管狭窄症をケアしていくことこそ、私が柔道整復師として尽力できることと考えております。

 

私って脊柱管狭窄症かな?

 

腰痛がひどくて病院に行くほどではないけど、朝起きるときに腰に違和感があったり、冷えたり立ち続けたりすると腰やお尻の部分に痛みを感じたり、しばらく歩いていると腰の違和感や足の痺れのために座りたくなる、このような症状の方は脊柱管狭窄症が疑われます。

 

脊柱管狭窄症とは、画像診断にて、椎間板ヘルニアや腰椎辷り症、後縦靭帯や黄色靭帯の肥厚、椎間関節の変形による骨棘、などが明白であることと間欠性跛行があることです。間欠性跛行とは、座っていればいつまでいられるのですが、いざ立って歩こうとすると、しばらくすると痛みやしびれのためにしゃがみ込みたくなってくるというものです。そして少し休めばまたしばらく立ったり歩行が可能になるという症状です。

私たちもこの二つが認められることを鑑別の基準としております。

脊柱管狭窄症って治るの?

脊柱管狭窄症と医師に診断されると、お薬の治療、ブロック療法、リハビリ(温熱治療、電気治療、牽引治療など)、その後に経過が軽快しなければ手術しかないという治療プログラムが提案されます。

 

私も大筋で反論はないのですが、なぜ脊柱管が狭窄してしまったのか?、痛みやしびれの原因は何だろうか?という疑問を解決すれば、保存的治療(手術を行わない治療)で症状を改善することが出来るのではないか?という持論があります。やり方によっては、手術を回避できる症例が多数混在しているという事です。

 

特に原因としては、重力、姿勢の悪さ、運動不足が3大悪と考えております。

 

したがって、重力をコントロールし、運動療法によって、体のしなやかさを取り戻すと同時に筋力を回復させること、そして痛みやしびれが改善されれば姿勢の改善を行っていくことが必要かと思います。

 

そこで、私の臨床経験の中から結論に至った、今までにない治療方法を提案させて頂きます。

 

会員制脊柱管狭窄症ケアストレッチ「ルンバゴ」

 

脊柱管狭窄症ケアストレッチ「ルンバゴ」は、プロテックという腰痛治療専門の医療機器を用い、腰部から重力を取り除いた状態で患者さんの苦痛を和らげ運動療法を行います。運動療法には筋肉のストレッチと筋力トレーニングがあり、症状に合わせてタイミング良く行っていきます。

 

脊柱管狭窄症は、デスクワークやドライブなどの姿勢で腰を丸めている時間が長くなり椎間板や周辺のじん帯に負荷がかかり変性を起こしたために、時間をかけて発生した結果と考えております。従って、ある程度長い期間をもって発症したものですから、症状の改善があるとしても比較的長期間を要します。

 

個人差はありますが、平均年齢70歳で治療効果を感じるまでに約54日を要します。その期間での平均来院日数は12回です。これを目安に考えれば、私の提唱するルンバゴを54日間または12回を受けてみて、それからその後の治療計画を検討しなおすという事が一番合理的であると言えます。

 

対症療法として痛み止めを飲み続けたり、ブロック治療を続けたり、すべての症状改善が約束されていないのに手術に踏み切るという事は、不自然なことと思います。

 

終わりのない治療はもちろんお勧めしません。

 

十人十色といわれる脊柱管狭窄症の症状について、是非、脊柱管狭窄症ケアストレッチ「ルンバゴ」をお試しください。

 

詳細はお電話にて。詳細なパンフレットをご用意しております。

診療時間

月~金 9:00~12:00

    15:00~20:00

土   9:00~17:00

日・祝 休診

 

予約優先

0120-42-5421

※臨時休診等の最新の情報はFacebookにてお知らせしております。

日本FMT腰痛治療協会

日本FMT腰痛治療協会認定

ニュートン・メソッド